紫外線対策は一年を通して必要?

紫外線と聞くと、夏の強い日差しをイメージしますが、春や秋、さらには冬でも、紫外線の対策は必要です。今や紫外線対策は1年中行うのが、シミを防ぐための常識となってきています。

春のまだ日差しが強くない時期でも、紫外線の影響はすでに強くなり始めています。 3月くらいですと、北国では雪が残っている時期ですので、まだ大丈夫と思ってしまいがちですが、この頃には紫外線が冬に比べてどんどん強くなっています。

5月には紫外線の影響が最も強くなると言われていますので、油断は大敵です。 春になると、UV-Aの量は冬の3倍にもなるのです。 もちろん夏は、太陽の出ている時間が長くなりますので、それだけ紫外線に当たる時間も長くなります。また、暑いこの季節は太陽光の照射量も増え、紫外線が降り注ぐ量も多くなります。

秋はというと、日もどんどん短くなり、日差しも弱くなってくることから、ついうっかり気が緩んでしまいますが、実は紫外線の量は春とそれほど変わりません。 この時期に紫外線対策を怠ると、うまく排出されなかったメラニンがシミになってしまうかもしれません。

また冬はあまり紫外線のことは気にならなくなるものですが、晴天の日はもちろん紫外線は降っています。 特に雪のある地域では、雪に反射する紫外線にも注意が必要です。 太陽からの紫外線と、雪に反射されて体が浴びる紫外線、合わせて2倍の紫外線を浴びることとなり、その量は夏と変わらないとも言われています。

次に紫外線の多い時間帯ですが、一般的に午前10時頃から午後の14時ころの正午を挟んで前後4時間くらいが、最も量が多くなります。 この時間帯に外出するときは、季節や天候に関わらず、念入りな紫外線対策をとることが大切です。

また、雪の反射のあるスキー場、水面に太陽光が反射する夏の海やプールなどは、特に紫外線の影響を体が受けやすい場所です。 もちろん、山などの標高が高い場所も日差しが強いため、紫外線の量もとても多くなります。

これらのリゾートに出かけるときは、普段よりも十分に注意して、万全の紫外線対策をしましょう。 いつまでもシミのないキレイなお肌でいるためには、一年を通してUVケアを続けることが大切です。

このページの先頭へ