紫外線がシミを作り出すしくみとは

紫外線がシミを作り出す原因になることはよく知られていますが、それではなぜ紫外線をたくさん浴びるとシミが増えてしまうのでしょう。 その理由はメラニン色素にあります。

肌の表皮と真皮の境界線あたりに、メラノサイトと呼ばれる色素細胞があります。 肌が紫外線を浴びると、このメラノサイトの活動が活発になり、メラニンが大量に作り出されます。 すると、メラニンの影響で肌は黒くなります。

メラニンは私たちの肌や体を紫外線の害から守ってくれる大切なもので、メラニンがなければ皮膚の奥深くまで紫外線が侵入し、水ぶくれや皮膚の炎症、皮膚がんなどになってしまいます。

通常、メラニンは肌のターンオーバーによって剥がれ落ち、黒くなった肌も次第に元に戻るのですが、大量に紫外線を浴びたり、長時間紫外線を浴び続ける生活をしていると、抜け落ちきれなかったメラニンが肌に残り、色素沈着してシミとなってしまうのです。

また、肌老化や生活習慣の乱れなどによりターンオーバーのリズムが崩れてしまっている場合なども、メラニンの排出が上手くいかず、シミが増えてしまいます。 つまり、紫外線による影響でシミが出来るのを防ぐカギは、メラニンのコントロールにあると言って良いでしょう。

シミというのは、表皮にメラニン色素が過剰にたまってしまい、色素沈着をおこしている状態と言いかえることができるのです。 シミを防ぎ、いつまでも白く美しい肌でいるためには、メラニンをお肌に残さないケアが重要です。

出来るだけ紫外線を浴びないように日傘や帽子などでお肌を隠すと同時に、日焼け止めクリームをこまめに塗って、紫外線をブロックすることが基本です。

同時に、メラニンの排出を促す美白スキンケア用品を積極的に利用して、出来てしまったメラニンをお肌に残さないようにすることも大切です。 また、お肌のターンオーバーが順調に機能するように、睡眠不足やストレスなどを避け、栄養バランスの良い食生活や適度な運動を心がけるようにしましょう。

このページの先頭へ