紫外線の種類と肌への影響

紫外線がお肌のトラブルに大きく影響することは、もうほとんどの方がご存知のことと思います。 特に、女性にとって大きな悩みとなるのが、紫外線がシミやしわを作る要因となることです。 十分な紫外線対策を行うことは、今や全ての年代の女性にとって欠かせない事と言っても言い過ぎではないでしょう。

さて、紫外線とひとくちに言っても、その種類には3種類あることは意外に知られていないかもしれません。 紫外線にはA・B・Cの3種類があり、それぞれUV-A、UV-B、UV-Cと表されます。 この中で、私たちの肌に影響を与えているのはUV-A、UV-Bの2つです。

UV-Cは、中でも最も影響が強い紫外線なのですが、現在はまだ地上には届いていないとされています。 オゾン層の破壊などによって、標高の高い山頂などには届き始めているという報告もありますが、現段階で注意しなければならないのは、紫外線A・Bです。

私たちが普段の生活の中でいつも浴び続けているのが、UV-Aです。 UV-Aは季節や天候などに関係なく、1年中いつでも地表に降り注いでいます。 3つの紫外線の中で最も有害性は低いのですが、肌に浴びたときに活性酸素を発生させる力は、UV-Bよりも強いと言われています。

さらに、真皮まで届き「光老化」を促進させ、しわやたるみを作る原因になったり、メラニンを作り出します。 メラニンは紫外線からお肌の細胞を守ってくれる頼もしい味方なのですが、同時にシミの原因となる怖いものでもあります。

これに対してUV-Bは、Aに比べると地表に降り注ぐ量は少なく、お肌の表皮にしか届きません。 しかし、その有害性は圧倒的に強く、UV-Aの100倍から1000倍と言われています。

シミ・しわ・乾燥・たるみなどの原因となるだけではなく、皮膚がんや免疫力の低下、白内障など、私たちの健康そのものに強く影響してきます。 UV-Bに特に注意しなければならないのは、夏の晴天の日です。 良く急に日焼けをして赤く腫れ上がったり、ヒリヒリと痛くなるのは、このUV-Bによるものです。

このページの先頭へ