シミ化粧品の効果をアップさせるためには?

シミ化粧品でターンオーバーを整える

肌は一番上にある表皮、その下にある真皮、一番下にある皮下組織の3つの層で出来ています。 それぞれの役割が相まって、私たちの肌は外部の刺激から守られています。 美しいお肌を保つために必要なコラーゲンやヒアルロン酸は、真皮にあって弾力を保っています。 また、皮下組織は脂肪を蓄えてクッションの役割をしてくれています。

そして一番上にあって、紫外線や細菌など様々な刺激から肌を守ってくれているのが表皮と呼ばれる部分です。 表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層という4つの層で出来ていますが、厚さはわずか0.07~0.2mmしかありません。 しかし、美しい肌はこの表皮と真皮の状態で保たれると言っても過言ではありません。

ターンオーバーという言葉を良く聞くことがあると思いますが、これは、表皮の中で行われます。 表皮の一番下にある基底層で作られた肌細胞は、14日間ほどかけてゆっくりと一番上の角質層まで押し上げられていきます。 その働きで、角質層にたまった角質細胞(すでに死んだ細胞)が自然に剥がれ落ちます。

この流れをターンオーバーといい、肌が健康な状態であれば基底層のメラノサイトによって作られたメラニンも、角質細胞と一緒に排出されます。 ところが何らかの原因でターンオーバーが上手くいかないと、古い角質細胞がいつまでも剥がれずに、肌の表面にたまっていきます。

こうなると作り出されたメラニンもスムーズに排出されず、肌に残って色素沈着を起こして、シミとなってしまうのです。 また、いつまでも角質細胞が残った肌は、キメが乱れ透明感を失って全体的にくすんだ感じに見えてしまいます。 シミを作らないためにも、美白のためにも、ターンオーバーの乱れは大敵です。

生活リズムを整えたり、食習慣を変えたり、少しでも加齢による影響を防ぐためにシミ化粧品によるケアをしたりと、ターンオーバーを順調にするための努力をすることで、肌の状態は改善することができます。 いつまでも若々しく美しい肌を保つために、一度ご自身の生活スタイルを見なおしてみてはいかがでしょうか。

シミができる原因はなに?

シミには、いくつかの種類があります。 まずは、自分のシミは何に分類されるのかをチェックしてみましょう。

シミの中でも肝斑と呼ばれるものが有名ですが、これは頬骨のあたりにできやすいのが特徴で、左右対称にできるというのも大きな特徴となっています。 肝斑であれば必ず左右対称にできるというわけではないのですが、左右を見比べてみましょう。

シミではない部分との境目があまりはっきりしておらず、もやっとした形のものが多いです。 肝斑は美白ケアを念入りに行っている人にも表れてしまうことがあるため、日焼けをしたわけでも美白ケアを怠ったわけでもないのにシミができてしまったという場合、肝斑かもしれませんね。

そばかすも悩んでいる人が多いですが、こちらは肝斑やその他のシミに比べると判断しやすいのが特徴です。

あとは紫外線を浴びた部分にできやすいのが老人性色素斑と呼ばれるもので、こちらは肝斑とは違い、境目がはっきりしているタイプのシミです。

こういった様々なシミは何が原因でできてしまうのかというと、代表激な原因は紫外線によるものとなります。 それと、性別も深く関わっているんです。

シミに悩む人といえば、その多くが女性ですよね。 紫外線のみが原因でシミができてしまうということであれば、男性でも女性と同じくらいシミに悩んでいる人がいるはずです。

ですが、男性と比べると女性のほうが圧倒的にシミができやすいと言えます。 その大きな理由として挙げられることが、女性のほうが毎日の生活の中で肌に与える負担が大きいということです。

女性はメイクをする人が多いため、化粧をする時はもちろんのこと、洗顔をする際にも念入りに行いますよね。 これらの行動は肌にとって負担をかける行為であるためシミが発生しやすくなってしまいます。

紫外線にだけ注意していればシミができないというわけではないので、毎日の生活の中で肌に負担をかけていないかという点についても考えてみましょう。

ビタミンCの美白効果

ビタミンCは、美容に興味がある人ならば積極的に摂取している栄養素ですよね。 美白にも効果があるため、美白目的でビタミンCが配合された化粧品を使っているという人も多いのではないでしょうか。

ですが、せっかくビタミンCが配合されていたとしても、ただ配合されているだけでは肌に吸収されにくいという特徴があるんです。 ビタミンCは、ナノ化されたもの、またはビタミンC誘導体でない場合は肌からの浸透率がとても低いからです。

それから、いくらビタミンCが配合されているといっても、濃度が低いものであればほとんど働きは期待できません。 できることならば10倍程度の高濃度でビタミンCが配合されている商品を選ぶといいでしょう。

ビタミンCには、高い抗酸化作用があります。 肌が老化するのを防ぐ働きがあるわけなので、若いうちから積極的に取り入れたいですね。

また、肌組織は様々なことで疲れたり傷ついたりしてしまいますが、そういったものを修復する働きもあります。 他には、シミの原因でもあるメラニンの生成を抑えるという働きもあるので、シミ対策をについて考えているという人もビタミンCを摂取しましょう。

ビタミンCの中でもピュアビタミンCと呼ばれるものは非常に効果が高いのですが、浸透しにくいという特徴を持っています。 そこで人気が出てきたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体とは、肌に吸収されやすいように改良されたビタミンCのことだと理解すればわかりやすいでしょう。

もちろん、ビタミンCを豊富に含むみかんなどを食べるなどして、内側からビタミンCを摂取するのもおすすめです。 しかし、ビタミンCは水溶性の栄養素であるため、一度にたくさん摂取したとしても余った分を蓄えておくことができません。

毎日適量を取り入れていくことが大切なので、食べ物で十分なビタミンCを摂ろうと考えると継続するのが難しくなってしまうかもしれません。 やはり、サプリメントやビタミンCが含まれる美白化粧品を使うといいですね。